コスパ良い相模原市の工務店をご紹介

ホーム > 相模原市の工務店について > 相模原市の工務店と住宅を作る費用に関するメリット

相模原市の工務店と住宅を作る費用に関するメリット

 神奈川県で注文住宅を検討している方々は、とても多いです。ただ神奈川と言っても、地域に関する様々な選択肢があります。川崎や横須賀や相模原など色々ありますが、その中で相模原が選ばれる事も少なくありません。なぜならこのエリアにある住宅は、総じて価格を低く抑えられるからです。そもそも住宅を作る平均価格は、各地域により異なります。やや価格が高く付いてしまう地域もあれば、その逆もある訳です。ところで相模原市の場合は、住宅価格は平均3300万円前後という数字データがあります。この数字は、近隣のエリアと比べても比較的低めです。なぜならすぐ近くの町田エリアなどは、3900万円台になってしまう事が多いからです。それと比べて、住宅の料金を比較的低く抑えられる点は、相模原の特徴と言えます。

 ところで工務店に住宅を作ってもらう時には、ローンを組むケースが一般的です。人によっては、そのローンの金利が気になっています。相模原の工務店からローンを紹介されて住宅を作る事も多いですが、金融会社に対しては金利を払う事になります。その数字がかなり高く感じられる事もある訳です。ところで相模原エリアの場合は、それに対する助成金が存在します。それで助けられている方々も、珍しくありません。というのも相模原の場合は、住宅を購入した時の利息に対しては、自治体がお金を払ってくれる制度があります。他のエリアでは、なかなか見られない助成金の一つです。利子を抑えることができれば、それだけ注文住宅のコストも低く抑えられると見込まれる訳です。この補助制度は、相模原で住宅を作るメリットの1つです。

 ただし相模原の助成金を受けるのは、幾つかの条件もあります。まず融資期間に関する制限があります。基本的にこの地域では、融資期間は10年以上というルールが決まっています。したがって借りる期間が8年などでは、助成金の対象にはなりません。ある一定以上の年数でなければ、少々厳しいという事になります。また勤続年数なども、補助の対象に関わってきます。1つの会社で1年以上勤めていない方々ですと、助成金の対象にならないからです。その逆に、長く勤めている方々なら問題はありません。それと市民税もあります。あくまでも市民税を全て払っている方が対象になり、滞納などが生じていると、助成金は少々難しくなります。このような様々な条件はありますが、助成金を受け取れる点も、相模原のメリットの1つです。

次の記事へ

TOPへ